グレープシードオイルの効能と使い方

 

 

今注目の良質・万能型オイル ”グレープシードオイル”

こちらでは料理だけでなく、「美容・健康・癒し」と様々なシーンに
幅広く使える万能型オイルということで今若い女性を中心に
話題を呼んでいるグレープシードオイル
についてまとめております。

 

”オイル”と聞くとオリーブオイルが健康〜美容に良いイメージが強いものですが
グレープシードオイルの効能・効果等はオリーブオイルと比べると実際にはどうなんでしょうか?
その点についてもまず触れていきたいと思います。

 

グレープシードオイルの効能・効果について

ビタミンEはなんとオリーブオイルの2倍以上!

グレープシードオイルの特徴の一つとしてビタミンEが豊富に含まれており、その含有量はなんとオリーブオイルの2倍以上と言われています。
ビタミンEは若返りのビタミンとして有名な成分で、効能・効果としては動脈硬化等の生活習慣病の予防をはじめ、気になる肌のたるみ・シワの予防・改善から日焼けで傷んだ肌を回復させる効果等が挙げられます。

 

摂取量には注意する必要性がありますが、1日あたり大さじ1〜2杯程度飲むようにすれば良質な栄養補給に役立つそうですよ。

 

コレステロールゼロだからダイエットに◎

グレープシードオイルはコレステロールがゼロのオイルですので、ダイエット中も料理に安心して活用することが可能です。

 

また、脂肪酸の割合は肌の保湿効果・血圧を下げるリノール酸が約65%含まれているほか、オレイン酸が約18%という割合で含まれています。

 

オレイン酸の含有量に関してはオリーブオイルに少し劣りますが、オレイン酸は便秘改善等ダイエットに嬉しい作用を持つので減量中の方は積極的に摂取していただきたい成分の一つです。

 

アンチエイジングに最適なプロアントシアニジンを含む

グレープシードオイルにはビタミンEの”50倍”も高い抗酸化作用があるプロアントシアニジンと呼ばれるポリフェノールの一種も含まれています。

 

特にプロアントシアニジンは紫外線を浴びることで生じるメラトニン細胞の酸化障害を抑制し、シミの予防や美白効果があると言われています。

 

そのほか、継続的に摂取し続けることで腸内の善玉菌を増やしながら腸内フローラを改善させることで便秘改善のみならず、便自体のにおい軽減や体臭を抑制することにも繋がります。

 

オイルの中でも特に抗酸化作用の高い製品となりますので市販の美肌・アンチエイジングサプリを飲むよりも毎日の食生活に自然と取り入れながら効率よく、若返り効果に期待することができるでしょう。

 

アロマ用オイルとしても活用できるグレープシードオイル

髪やマッサージにも軽く優しい質感が特徴のグレープシードオイルは、食事だけでなくマッサージやアロマ用オイルとしても活用できるキャリアオイルです。

 

さっぱりとした質感が特徴で使いやすく、ほぼ無臭ですのでお気に入りのエッセンシャルオイルの香りを邪魔することなくアロマテラピーを楽しめます。
また、肌へ馴染みやすく少量でたっぷりと広がるため全身マッサージや二の腕のひきしめマッサージ等に最適です。

 

アロマオイルやマッサージ用オイルって意外と値段が張るものが多いですが、グレープシードオイルを1本持っておくことで低コストでオリジナル美容ケアアイテムを作ることも◎
例えばエプソムソルト×精油と混ぜてオリジナル入浴剤等も作れます。

 

美容に敏感な女性は自宅に1本あると何かと役立つので大変おすすめですよ!

 

おすすめのグレープシードオイルはコストコ!値段は?

 

グレープシードオイルは少しずつスーパーでの取り扱いが増えてきましたが
地方のスーパーですとどうしても取り扱いがない場合もありますよね。

 

グレープシードオイルを購入するならばコストコのグレープシードオイルがおすすめです!

 

家族向け

特にコストコのプライベートブランド、カークランドのグレープシードオイル
高品質かつ1398円(参考価格)で約2リットル程入っているので揚げ物をよくするご家族等に最適です。

 

一人暮らしなら

ただ、一人暮らしの方などあまり油を頻繁に使わない場合ですと
大容量の油は一度あけると酸化してしまう恐れがあるので
その場合はオッタビオ(1リットル×4本 2528円)というメーカーの
グレープシードオイルの方がコスパ的にも嬉しい値段設定かと思います。

 

グレープシードオイルの副作用の危険性について

 

グレープシードオイルに含まれるパルミチン酸はビタミンの吸収をサポートするなど、アンチエイジングに良い成分と言われていますが、実は飽和脂肪酸にもなりますので過剰摂取することで動脈効果等の病気を引き起こす原因にもつながります。

 

また、中性脂肪の減少等ダイエットに嬉しい必須脂肪酸であるリノール酸もあまり過剰にとりすぎてしまうとガン〜アレルギー発症のリスクが上がるとされています。

 

カルパッチョやサラダドレッシングなど普段のレシピに活用する程度であれば問題ありませんが、直接単体で飲む際も大さじ5杯以上等、極端に過剰摂取することは避けることを心がけましょう。

 

まとめ

今回は今話題のグレープシードオイルの効能・使い方から副作用まで幅広くご紹介させていただきました。

 

グレープシードオイルは油特有の匂いもなく、テイストもサラッとしていますので初めて挑戦するという方も大変使いやすい油かと思います。
是非、健康・美容にご興味がある方は一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

キノコとソーセージのグレープシードオイル&バルサミコマリネ

 

秋にふさわしいのは何といってもキノコメニュー!
キノコならたっぷり使ってもお財布に優しいですよね。

 

そこで今回使用するのはグレープシードオイル!

 

 

グレープシードオイルはその名の通りぶどうから作られたオイルです。
ワインの国フランス、イタリア、スペイン、チリなどで主に生産されていて、コレステロールがゼロの食用油なんです。
グレープシードオイルは、オリーブオイルよりもリーズナブルなものが多く、普段のサイドメニューや揚げ物にもかなりおすすめです。

 

しかもぶどうからつくられているので、ワインのおつまみにもピッタリ!
今回はちょっとイタリアンな雰囲気で、バルサミコ酢を使って秋のキノコメニューをグレープシードオイルで演出。
手軽にヘルシーなお洒落メニューを一品増やしたいと思って作ってみました!

 

材料(2人分)

グレープシードオイル&バルサミコマリネの材料
  • お好みのキノコ、ブナシメジ、えのきだけなど1パックずつ
  • ソーセージお好みで2〜3本、食べやすい大きさに切る
  • ニンニク 1カケ
  • グレープシードオイル 大さじ

 

マリネオイルの材料
  • バルサミコ酢 大さじ2
  • 粒マスタード(なければ普通のマスタードでもOK)
  • グレープシードオイル 大さじ3
  • はちみつ 小さじ1/2
  • 塩コショー 適量

 

作り方

では作り方です!
ニンニクはみじん切りに、えのきは石づきをとりのぞき半分くらいに切っておきます。

 

マリネオイルの材料をよく混ぜ合わせておきます。

 

グレープシードオイルとみじん切りしたニンニクを弱火で焦げないようにじっくり炒めて、同時にソーセージも炒めます。
香りがでてきたらブナシメジとえのきを投入。中火で炒めます。

 

 

炒めたソーセージとキノコをマリネオイルに漬け込み、冷蔵庫で30分くらい冷やします。(冷たくしなくても美味しかったです)

 

 

お好みのサラダ菜やプチトマトやハーブを加えてできあがりです。
今回はサラダほうれん草をトッピングしました。
ドライハーブのパセリやバジルをトッピングしても合います。

 

 

ソーセージも塩気があってとてもいいのですが、ベーコンもすごく合います。
またちょっとリッチに生ハムもおすすめ!
生ハムを使用する場合は、冷蔵庫で冷やす前に材料に入れて混ぜるだけでOKです。

 

ワインが大好きなので赤ワインのおつまみに!
チーズやレーズンパンと一緒に頂きました。

 

グレープシードオイルはオイル特有のツンとした匂いも強くなく、
まろやかな酸味でマリネの新発見という感じです。
ワインもすすみました。

 

 

グレープシードオイルは赤ワインにもあるポリフェノールも豊富で、抗酸化作用も強いらしくアンチエイジングにもいいそうです。
使っていきたいオイルのメニューとなりました。

関連ページ

ココナッツオイルの驚くべき8つの効能|ダイエット・美容・健康
ココナッツオイルにはダイエットや美容を中心に様々な効果があります。また気になるのがその副作用や選び方と言ったところです。
ごま油の栄養成分がもたらす驚くべき6つの効能
ごま油の特長や、体に良い栄養成分、ごま油の栄養成分が、具体的にどんな健康効果をもたらしてくれるのかをご紹介します。
天然の睡眠薬とも呼ばれるナッツオイルの驚くべき効能
ナッツオイルは、食用油としても優秀で、不眠症の改善をはじめとする多くの健康効果があるとわかってます。ナッツオイルの成分の働きや効果について詳しくご紹介していきます。

このページの先頭へ戻る